器用貧乏と言われた奴が書いている日記~ 今は三国志大戦に夢中ぅ コメントには敏感に反応、相互リンクは歓迎しますっと

F.S.Wによる('A`)な日記

(´・ω・)ん~ | main | 寒いね~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
どうやら風邪が流行っているようで
帰った後のうがい!手洗い!

どうもF.S.Wです

ん~どうやら風邪が流行っているようで

空気が乾いているせいだからまぁしょうがないけど

風邪は本当にダルイ

熱なんか出した日にはあんな退屈な生活……なんて嫌だね、ほんと

さて今日書きたい事はちょこっとだけ

ネットでの拾い物を書いていこうかと


本当に暇過ぎるので捕まってみた

警察の人って怖いんだねちょっとふざけた態度取ったらすぐ怒るのな。

俺がバイトしてたカラオケ屋で警察沙汰の事件とかあったけど優しかったのに・・・
裏表って怖いね

事のいきさつはこうだ。
22歳、無職、ニートの暇過ぎる俺に一つの出会いがあった。
イミフにのっていたスレ「警察署の前でジョジョ立ち」である。
これは・・・このスレは・・・面白い・・・

なんて面白いスレなんだ、この>>1は神だな。
ネタにしてもマジにしてもこんなにクオリティの高い事は
俺には一生出来ないだろうな。
いつものようにVIPでコテでも煽るか・・・
そう考えた時、どこからともなく俺の心に響く声が聞こえた。



諦めたら・・・そこで試合終了だよ・・・ニート(24・男性)



いや、キミには言われたくないよ。

だがしかし、彼の言う事も一理ある・・・・


ドクン・・・


ドクン・・・


俺の中で何かが弾けた






・・・やってみるか・・・






そうとなれば膳は急げ!俺は100均に走った。
購入した物は
黒のセカンドバック、
小さなビニール袋、


まず塩の水分を飛ばす為フライパンで炒る。
そしてそれを自分の部屋にもって行き
ビニール袋に少しずつ、詰め始めた・・・
そして詰めた物を今度はセカンドバックに入れる・・・
ククク・・・もう誰にも俺は止められない・・・

フハハハハハハハハハハ!!!!

ガラガラ!

母「ごはん出来たよ!・・・ニヤニヤして何やってんの?きもち悪いなこのニート」

俺「いや、なんでもないよ、ニートって言うな、ご飯何?」

母「マーボー豆腐、早く降りてこいよ」

ガラガラ!ピシャ!

空気呼んでよねカーチャン。

マーボー豆腐を食し、胃の中を満腹にした俺は計画の実行を試みる。

小さな交番ではつまらないな・・・
俺はそう考えた。
電車で12分かかる○○駅の近くにに大きな警察署がある。
俺はそこをターゲットに絞った。
全ての準備を終え、後は実行に移すだけだが
チキンな俺は、心の準備をする為に
徒歩で45分かけて警察署に向かう事にした。



本当は電車賃が無いだけだ。



駅に到着した俺は足早に警察署に向かう。
あやしげなセカンドバックを両手で大事そうに抱えたニートが

一歩、

また一歩、と距離を詰めて行く俺・・・・

そして、

一歩、

また一歩と遠ざかっていく。

( ^ω^)スルーすんなお



なんだよ!あいつ見向きもしねぇ!
もう2、3回前を通りすぎただろうか?
チラッとこっち見ただけで大して気に止めてない
うぜえ!こっちはこんなにドキドキしながらやってんのに酷くね?
そんな温度差いらないよ。
畜生!どうすれば呼び止められるんだよ!?
そして雑念が俺を襲う





雨の中何やってんだろ俺・・・





なんとか雑念を振りほどいた俺は道端の浮浪者に目をつけた。
丁度警察署から見える位置に居る。
あのおっさんにこのバックの中の白い粉渡せば怪しまれるんじゃね?
徐々におっさんとの距離を詰め、バックの中から白い粉をだそうとした

その瞬間

おっさん「何みてんだてめぇ!」

俺「うわぁ!ごめんなさい!」

なんだあのオヤジ?ちょっと近づいただけで怒鳴られたよ・・・
あのオヤジきっと邪気眼もってんだ、
俺を巻き添えにしたくなかったから怒鳴ったんだな。
うん、そうだ。
そうに違いない。
だったらしょうがない、うん、
あのオヤジをターゲットにするのはやめておこう。
邪気眼のおっさんを諦めた俺は、高校生をターゲットに絞り込む。
遠目から見たらいかにも話しかけているような感じで
道行く若者に白い粉を見せびらかすニート。
そんな事を繰り返す事15分位だろうか?
後ろから声がした。

「ちょっと貴方、さっきから何やってるんですか?」

キタ!この瞬間俺はもうすでに勝利を確信した!
これから始まる大レース!
コータローもマキバオーもびっくりだねこりゃあ

ゆっくりと後ろを振り向く。
そこには2人の警官が立っていた。


ktkr!!!


先程の質問に答える事も無く、俺は又振り帰る。
そして次の瞬間!




猛ダッシュ!!




警官「まちなさい!」


とか、言ってんのwwww
もうみてらんないwwwwww
走りながら用意していた言葉を叫ぶ。


俺「俺は浪速のシューマッハや~~~~!!!!!」(ここは埼玉)

警官「まてコラ~~~!!!!!」

銭型のとっつぁんかよwwwwwwwwwwwww

まwつwわwけwねwえwだwろw




結果から言うとあっさりと捕まった。
2、3分逃げたかな?
もう早いのなんのって・・・
転ばされて腕すりむくし、超痛い。
俺が何したって言うんだよ・・・
慰謝料払えよな
そんで署に連れて行かれて質問責め
ここから先、俺は常に体を震わせていた事を頭に入れておいて欲しい。


警官「寒いんですか?」

俺「・・・」

警官「まず、お名前は?」

俺「ニホンゴワカリマセン」

警官「What is your name?」

うわ、英語喋ってきた!?

俺「・・・」

警官「簡単な英語も分からないようですね」

俺「か、関西弁なら少々」

警官「自分ふざけんのも大概にしぃや?」

関西人かよwwwww

警官「お名前は?」

俺「ひ、ひ、ひ、人に物を尋ねる時は
ま、ま、まず自分からって教わりませんでしたか?」

警官「立花です。で、お名前は?」

俺「浪速のシューマッハです。」(ここだけ流暢に)

立花「シューマッハは昨日引退しました。お名前をどうぞ」

立花面白い奴だなww

俺「○○です」

立花「では、ご職業は?」

俺「ふ、ふ、風俗嬢ですウフフフ」

立花「ふざけないで下さい。」

俺「ニ、ニートです」

立花「無職ですね」

俺「こ、こ、この国ではそう言うのですね」

立花「お前は何人やねんww」

つっこまれたwwww

立花「じゃあ本題に移ろか、そのバッグの中のモンみせてくれるか?」

俺「か、か、関西弁やめて下さい。不愉快なので」

立花「貴方がそうしろと言ったんでそう?」

立花噛む

立花「では、バックの中身を見せて頂けますか?」

俺「か、か、関西弁でお願いします。クスクス」

立花「ふざけんなぁ!」(机を叩く)

俺「すすすすいません」

バックを開け中身を渡す俺。

ビニール袋の中の白い粉を見て顔つきが変わる立花

俺「スー!ハー!スー!ハー!」

立花「・・・覚せい剤ですか?」

俺「い、いえ、し、し、し、塩です」

立花「まさか今使ってらっしゃいますか?」

ダッシュで逃げだそうとする俺!

が、別の警官に簡単に取り押さえられる。

ジタバタもがく俺に立花が口を開く

立花「お前なんで今逃げ出そうとしたんや!?え!?」

俺「ああああああああああああ!!!」

立花「お前やっぱり打ってるのかぁ!?」

俺「ち、ちち、違います!ホントに塩ですよ」

封を開け匂いを嗅ぐ立花。
首をかしげ小指の先に少量取り出し舐める・・・・





立花「これは・・・塩やな・・・」




5袋あった粉を一個ずつ確かめる立花。

立花「全部塩やないか」

俺「塩って言ったじゃんwwww」(最高の笑顔で親指を立てながら)

立花困惑!!!
すかさず俺の追撃!

m9(^□^)9mプギャー

立花「ふざけんなぁ!」(机を叩く)

俺「すいません」

立花「自分が何をやったかわかってるか?」

俺「塩をバックに入れて歩いてた」

立花「公務執行妨害や!」

俺「いや、俺は塩をバックに入れて歩いてただけですって」

立花「ほな、なんで逃げたんや!」

俺「対人恐怖症です」

立花「流暢に喋っとるやないか!?」

やっぱこの人面白いなw

俺「カツ丼マダー?」

立花「んなもん出るか!ドラマ見すぎや!自分で食え!」

俺「貧乏人め・・・」

立花「自分無職やろ?」

( ^ω^)傷ついたお

俺「ちがいますニートです!」

立花「だから無職の事やろうが!」

俺「このくにでh」立花「もうええっちゅうねん!」

立花クオリティタカスwwww

まあそんなこんなでこの後クドクドと説教された。
あんまり面白くないから省略

で、落ち着いた頃。

立花「もうこんなことしなや?次やったらホンマに訴えるで?」

左手で顔を隠し、右手で立花を指差す。

俺「俺は何度でも帰ってくるぞジョナサンジョースター」

立花「やかましいわwwww」

あ、コイツたぶんジョジョ好きなんだな。

立花「迎えは?いるか?」

俺「あ、いえ、いいです。自分で帰ります。」

立花「もう来るなよ」

俺「あ、はい。ホントすいませんでした。」

そんなこんなで俺の戦いは終った。

なんか空しさだけが残ったような気がしないでもないが・・・

まあ、面白いから作った所もあるが立花とのやり取りは9割マジだ

「警察署の前でジョジョ立ち」をしてくれた>>1
本当にありがとう。
あのスレに出会って、俺、なんか変われた気がするよ。

後二ヶ月位ゴロゴロしたら俺頑張ってみようと思う。

最後に、付き合ってくれたお前らありがとう。

お前らは、無茶、すんなよな



その後
本当に暇過ぎるので謝ってみた

1 :浪速のシューマッハ ◆YjzjI32Lw6

スレタイの通りだ。

謝罪に行ってきた
俺なりにな!

今回が最後となるだろう。

ゆっくり書いていくからヨロシクな

事の始まりはこう。
ニートの暇過ぎる俺は前回、奴に2度目の襲撃をかけた
俺としてはまだ記憶にも新しいので、動くつもりは無かった。
捕まりたくないしな。
いつものようにクソスレでも立てるか・・・
そう思った時だ、俺の心に響く神からのお告げが来た






キミは・・・アレで満足なのかい?ニート(24・男性)






俺はクソスレを立てた

しかし、この日とんでもない事件が起こったのである
なんと、俺のイタズラがカーチャンにバレたのだ
原因は近隣のおばさん
自分の息子がなんかで補導されたみたいなのだが
息子を迎えにいった時、警察署で俺を発見したそうだ。
そして、それを家のカーチャンに律儀に報告したとさ・・・



畜生!森のカーチャンめ!



アイツは前から気に入らなかったんだ・・・
アイツの作るおはぎは最高に美味いし
バレンタインなんかには俺がチョコ大好きなの知ってて
チョコケーキ渡してきやがる!
しかもそれが店で食うのなんかより断然美味い
そして何より、家のカーチャンと違って超美人。ホントに35かよ!?20代だろうが!?え!?


年齢不詳の森め・・・許せねぇ・・


まぁ、そんな事言ってもバレてしまったモンはしょうがない。
カーチャンが俺に何を求めて来たかと言うとだな

J( 'ー`)し「その話が面白かった事は認めてやる」

俺「だろ?」




ガスッ!(カーチャンの正拳クリーンヒット)

J( 'ー`)し「菓子折りもって謝りに行け」

俺「は・・・はい・・・」

J( 'ー`)し「まず電話してからな」

俺「ええーめんどくせぇ。どうせならアポ無しで突撃してぇ」

J( 'ー`)し「死にたいのか?」(目の前に拳を突き付けて)

俺「わかりました」

と、言う事でまず電話だ

警察署の電話番号を地球の未来を救う本
タウンページで調べて電話をした。

トゥルルルルル、トゥルル・・・ガチャ

向こう「はい、○警察署うんたらかんたら」

俺「もしもし、○○と申しますが、立花さんいらっしゃいますか?」

向こう「た・・ち・・ばなさん・・あ~はい少々お待ちください」

「♪森の熊さん♪」でお待ち下さい。

立花「はい!お電話変わりました!立花です!」

俺「もしもし、お久しぶりです、○○です」

立花「えーと、申し訳ありませんが、どちらの○○様でしょう」

俺「浪速のシューマッハや~~~!」

立花「は?・・・・・・ああ~・・・」

俺「お久しぶりでs」ガチャ、ツーツーツー



・・・



なんか俺スイッチ入ったお( ^ω^)

トゥルルルル、トゥルル・・ガチャ

立花「はい、○警察署うんたらかんたら」

俺「シューマッハです、立花の奴はいるか?」

立花「・・・なんや?引退は取り消されへんぞ?」

俺「・・・まず貴方は話を聞く態度がなってない」

立花「どないせえっちゅうねん」

まあ聞きたい奴だけ聞いてくれ

俺「折角この私が、いいですか?この私が謝罪の電話をしてやったんですよ?」

立花「ありがとうございますぅ~www」(すっげぇ馬鹿にした声)

俺「あ、ちょ、もうアンタ駄目だ。謝ってもダメ。お前は世紀末を生き残れない」

立花「関係あらへんww」

俺「生き残りたけりゃモヒカンかプロボクサーの世界チャンプにでもなれ馬鹿」

立花「北斗の拳か?www」

俺「さすがですねwww」

立花「で、何?謝りたいんか?」

俺「カーチャンにバレましたw」

立花「wwwwww」

俺「笑わないで下さいwwww」

立花「アホやなぁ~折角見逃したったのにwwwww」

俺「不愉快な人だ。で、俺が菓子折り持って謝罪しに行くみたいです」



立花「帰れ」



俺「まだ行ってないです」

立花「だから何しに来るねん?」

俺「娘さんを貰いに」

立花「手錠いるか?」

俺「ノーサンキュー」

立花「このテンドンも飽きたな」

俺「それより謝罪に行くんですよ!」

立花「帰れ」

俺「だからまだ行ってねぇ!」

立花「お前2回ともめんどくさい時に来よったやろ~?」

俺「俺は自由だからな」

立花「無職やからな」

俺「ちがいまs」立花「うるさい!」

怖いぜ立花

立花「菓子折りなんか要らんぞ?」

俺「いらないんですか?うまい棒?」

立花「うまい棒かいwwテリヤキなら貰ったるww」

俺「残念。俺はめんたい派だ」

立花「なぜテリヤキを食わないっ!?」

俺「児玉 清かよww」

立花「似てたか?www」

俺「全然」

立花「帰れ」

俺「もういいですよw」

一つ気付いた。立花少しウザイ

立花「勤務中は相手できへんから明日終ってから来い」

俺「わかった、大人しく待ってろよ」

立花「やかましい」

そんなこんなで
次の日、夕方に行ってきた。
お土産は三品程仕入れたし問題は無いハズ
中身は「うまい棒」と「こけし」と「最速の証」だ
警察署の前で大人しくまってるのもアレなので
入ってみる



立花の部署に行くと姿は無いようだ
変わりに下っ端を発見
絡みに行こうと思ったら、
なんか補導されたっぽいギャル2人組みと口論している

入りようが無いな




しかしやるしかない

持って居たうまい棒たこやき味を下っ端の目の前にチラつかせる
下っ端とギャルに睨まれた。
怖い奴達だな

ギャル「彼女居ないでしょ~」

とか言われてる下っ端
顔を真っ赤にして怒ってらっしゃる

下っ端「関係無いだろう!?」

とか言ってるの
やはりコイツは下っ端だろう
間違いない

どうしても会話には入れてくれないようだ



いいさ、俺は俺で楽しくやるさ



かぶっていた強盗マスクニット帽を深くまで被り、立ち上がる
そしてギャルの後ろに立ち、腰をカクカク動かしてみる
とても恥ずかしい。



早く捕まえろ警官
俺はもういっぱいいっぱいだ



間もなく後ろから羽交い絞めにされる。

俺「痛い!痛い!」

?「お前は何してんねん?」

聞きなれた声。後ろに振り向くと立花が居た

俺「何故俺だとわかった!?」

立花「被るとこから見とったわ」

作戦失敗。捕まれなかった

俺「お久しぶりですwww」

立花「早くそのマスク脱げ」

俺「マスク?マスク等被ってませんが?」

立花「思いっきりかぶっとるやないか」

俺「コレはニット帽です」

立花「ええから脱げ」

なんか冷たいぜ

待合室?のような所に通される

立花「大人しく待っとけ。大人しくやぞ!?」

俺「永遠のピーターパンにそんな事が出来るとでも?」

睨まれる

俺「今回だけは君の顔を免じて大人しくしておいてやる」

立花「お前は謝りに来たんか?捕まりに来たんか?」

俺「後者だ」

立花「後者かいww」

待合室はガラスが貼られており
中が確認できるようになっている
檻の中の動物のようだ
みんなチラチラ見てきやがる
イラつくぜ
放置されて20分は経っただろうか?
さすがに我慢の限界
ドアを開けて叫ぶ




俺「この店はお茶も出ないのか!?」




立花「やかましい!」





一喝されたので中に戻る
5分位してから婦警さんが「どうぞ^^」と言ってコーヒーを入れてくれた。
立花と違って良く分かっている。
つーか美人
歳は25~28位かな?
運命を感じたので告白する事に決めた

俺「好きだ」

婦警「は?」

婦警の顔を見つめる

俺「結婚してください」

婦警「・・・又会えたらねw」

いなし方も最高だ
婦警にセクハラをしていると
立花が入って着て無言で俺を殴って婦警と共に帰って行った
立ち去る際に婦警がバイバイと手を振ってくれたのを忘れない



やはり運命か


しょうがないので大人しく待っていると
勤務を終えた立花が戻ってきた。

俺「いつまで待たせるつもりかね?」

立花「もっと遅く来いアホ」

俺「早速本題だ」

立花「おう、早いな」

俺「きみ、すまんね^^」

立花「謝る気あんのか?」

立花「どうやったらお前みたいな性格になれるんや?」

俺「俺はある本に出合ったのだよ」

立花「本?どんな本や?」

俺「人をおちょくる50の方法。税込み890円だ」

立花「そんなんあんのか?」

俺「あるわけねぇだろww」

立花「死ね」

俺「死ねとはどう言う事かね?」

立花「ああ、もう一々食いつくな本題はどうした?」

俺「ああ、そうでしたね取り合えずコレお土産だ。ありがたく受け取って下さい」

立花「ああ、こりゃどうも」

厳選されたお土産3個が入った袋からまず軽いジャブ



うまい棒3本を机に置く



俺「めんたい、たこやき、なっとうだ」

立花「上手い事避けやがったなwwってかホンマにうまい棒持ってくんなw」

俺「で、どれがいい?」

立花「一本だけかいwwwww」

立花「いらんねんけど?」

俺「はやく選べ!」

立花「じゃあコレ」

手を伸ばして来たので叩き落とす

俺「待て!」

立花「・・・なんやねん」

俺「今めんたい取ろとしたか!?え!?」

立花「いや、たこやき」

俺「そうかちょっと待て」

たこやき味を掴み体の後ろに隠す
この間俺はすごい笑顔で立花の目を見ている

立花「何がしたいねん」

体の後ろで見えないように左手にたこやき味をしっかりと握る
次ぎの瞬間
両手を前に出し俺は切り出す

俺「ど~っちだ!?」

立花「はみ出とるやないか!www」

先程のネタがえらく気に入ったのか立花は迫ってきた

立花「このネタくれw」

俺「べ、別に使えばいいじゃないですか」

関西人は一々ネタ使うのに断りが必要なのか?
立花はまだクスクス笑ってる。キモイ

俺「じゃあ2個目いきますよ」

立花「まだあんのかいw」

袋から2個めの土産を取り出し机に置く

立花「・・・」

俺「^^」

立花「・・・何がしたいんや?」

俺「・・・謝罪がしたい」

立花「・・・言い方が悪かった、コレはなんや?」



俺「・・・こけしだ」



立花はこけしを掴み後ろに投げ捨てる

俺「おおい!?」

俺「おま!コレただのこけしじゃねぇんだぞ!?」

立花「どこが普通とちゃうねん」

俺「俺の家に昔からあって捨てるのも怖いからずっと放置されてるこけしだ!」

立花「んな気味悪いもん持ってくんな!」

こけしを拾い立花に向ける

俺「呪われろ呪われろ呪われr(ry」

立花「ちょwwwホンマに怖いからやめろww」

俺「呪われろ呪われろ呪われr(ry」

立花「おまえ謝りに来たんか?呪いに来たんか?」

俺「後者だ」

立花「後者かい!wwww」

立花「もう許すから帰れw」

俺「しょうがないな」

立花「ああ、もうやるなよ?」

俺「はいはい」

立花「チッ・・・まあええか」

外に出ると立花が念を押してきた

立花「もう、ホンマに辞めろよ?」

俺「やりませんって、謝った手前出来ないですよ」

立花「そうか・・・じゃあ仕事見つけろよ」

俺「あいよ」

立花「じゃ~な」

手を振り、立花は自分の車へ歩いていった。

今日も突っ込みさえてたぜ・・・

そして、悪かったな立花


















まだ終らせるつもりは無いんだ









足音を消し
立花の後ろに迫る
両手の力を最大限に引き出し
全力の浣腸をお見舞い!



俺「てい!」



立花「うあっ!」



よっしゃ悶えてる!
ここしかない!

最高の笑顔発動!
m9(^□^)9m プギャー

立花「おまえなぁ!」

捕まえようとして来たので
避ける、そしてダッシュ!

立花「まてこらぁ!」

アイツ尻押さえながら走ってるwwwwwwww

俺「俺は浪速のシューマッハや~!」

立花「やかましわぁ!」

普段の俺ならばここであっさりと捕まるだろう
しかし今日の俺には秘策があった


結果から言うとあっさりと捕まった

俺「すいません!すいませんww!」

立花「なんでお前は毎回逃げるねん!?」

俺「シューマッハにならねぇだろうが!」

立花「しるかんなもん!」

ああ、秘策?秘策ねぇ






バナナの皮投げて見たんだけど
上手く行かなかったわ







俺「まあ、落ち着きましょうww」

立花「チッ、ホンマにもう辞めろ」

俺「最後なんだからコレ位やらせてくださいよww」

立花「死ね」

俺「ああ、そうだ俺を2回捕まえたアンタにプレゼントがある」

立花「は?」

俺「ホラこれ」

立花「なんやこれ?」

俺「最速の証だ」

立花「ティッシュやん」

俺「ティッシュじゃねぇ!最速の証だ!」

立花「いや、滲んでしまって何書いてるか分からんぞ?」

俺「ヨソウガイデス」

立花「やかましわww」

俺「うるせえ!あり難く受け取れ!」

立花「もう帰れ・・・」

俺「しょうがねぇな」

立花「しょうがないちゃうわ!つーかお前一体何しに来たん?」

俺「謝まりに」

立花「・・・」

俺「すいませんでした」

立花「もう許したるからやめろよ」

俺「分かった、でもさっきの婦警さんを紹介して下さい」

立花「ああ、あの人男やぞ?」

俺「はぁ!!?」

立花「嘘に決まってるやろwwもう結婚しとるわw」

俺「運命なんて信じねぇ・・」

立花「はいはい、じゃあな」

背を向ける立花に叫んだ

俺「立花さん!アンタが2代目浪速のシューマッハだぜ!」

立花「ふざけんな!やるか!」

立花は帰っていった
浣腸されないか後ろを気にしながら・・・・
途中ゴミ箱に何か捨てたようだが気にしないでおこう




その方が平和だ


そんなこんなで立花との戦いは幕を閉じた。
謝った手前流石に同じ事出来ないからな。
浪速のシューマッハも引退だ。
あばよお前ら。
来年になったらバイトでも探してみるかな
ここまで読んでくれたお前ら本当にありがとう。
願わくば又、いつかどこかで。



お前らは、無茶、すんなよな・・・・




以上('A`)

なんかちょっとだけと言いつつ長文になったのはヨソウガイデス
スポンサーサイト
| 日記 | 23:47 | トラックバック:0コメント:0
コメント
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://funkysworld.blog34.fc2.com/tb.php/227-2d5b7ed6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

F.S.W

Author:F.S.W
桃園の誓い~ヽ(・∀・)ノ
我ら天に誓、我ら生まれた日は違えども、
死すときは同じ日同じ時を願わん

君主名: F.S.W
現在 「覇者(徳1)」 ('∀`)ヨウヤク…

使用デッキ
LE趙雲 SR諸葛亮 R姜維 UC張飛

改良中のデッキ
SRホウ統 SR諸葛亮 R馬超 R関銀屏 UC張飛

君主名の由来がわかった人は
「ネ申」

メールアドレス
f.s.w@hotmail.co.jp

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。